THE GATE BRIDGE TIMES

Modern Primitives

Posted by: Fort Point / Date: June 25, 2015 / 3:48 AM

ただいま絶賛時差ボケ中!!今年もきてしまいました…

まぁ旅してる感を楽しめるのでそれはそれで好きなんですけどね。

昨夜ご紹介したジムワードさんは、痛みを越えると快感として身体的満足を得る方でした。

対してファキールさんは、ボディピアッシングで精神的満足を求める方でした。

Fakir Musafar
アフリカの部族に憧れて、ボディピアシングを儀式として行っていました。

古代の芸術を身体装飾として楽しむように。

1958年 初めてニップルにピアッシング。

1975年 ニップルを拡張。

セプタムをダーマルパンチした話など…

ファキールさんはボディピアスを世代別に説明してくれました。

1970〜1980年代が第一世代。ボディピアスというものを世に知らしめた時代だったという。

ロサンゼルスにガントレットができて、手探りで始めたものを少しずつ形にしていく

パイオニア達の功績。

1980〜1990年代が第二世代。ピアッサーが次々に現れ、ピアススタジオが各地に出来始める。

その中の一人、エリックダコタのユニークなピアッシングが話題を呼ぶ!!

ロックやダイス、インダストリアルなどテクニカルな彼の仕事は圧巻だったと言う。

この時代は多くのミュージシャンにも受け入れ始め、ボディピアスの成長期を迎える。

1990〜2000年代が第三世代。ボディジュエリーメーカーの躍進。

Dakota Steel、Body Circle、Good Art、Anatometal、Industrial Strengthなど。

ステンレス、チタンなどの素材の安全性が確立される。

2000〜2010年代が第四世代。この時代を一言で言うと、見た目だと彼は言う。

ファッションとしてに人々に愛され定着されたボディピアス、ボディジュエリー。

そして今、第五世代にあると言う。さらに進化し続けていくボディピアス。

受講後、ファキールさんの奥様の発案で、50人ぐらいで手を繋ぎ輪になりました。

とても神聖なものを感じることができました。